宇宙と未来の整体を目指す。
*
ホーム > マッサージ > 「冷え症」にきくツボマッサージ

「冷え症」にきくツボマッサージ

暖房が効おっておるけど手ぇ足がひやこい、又は気温はでかっけど腰が冷えて鈍い痛みがやる…っていった「冷え症」でぇの悩みをお抱えの方はまいどんか。

近年、タレ性だけぇでぇなくにーちゃん性の冷え症も増えており、手ぇ足が水ねんうにひやこい方もぎょうさんおいでやすます。

そもそも手ぇ足て、心臓やりいっちゃん遠い場所にやる為、末かてまでぇの血液が巡りにくく冷たくなりがちなうえ、クーラーの使用にやりなんでも交感神経って副交感神経を司る自律神経が乱れる環境にやるっていえます。

この「冷え」にやって自律神経が乱れるって、ホルモンバランスが崩れ、生理不順や不眠っていった症状だけぇでぇなく、免疫力も低下やる…っていった体にってってはようへん傾向に陥るんや。また、代謝も落ちるこってでぇ体重が増加しやすい体にもなってまうのや。

そないな「冷え症」の対策ってして、体を冷やしてなおす飲みもんや食べもんを控えたり、毎日湯船につかったりして血液の血行をようやるこっても大事やけど、今回は「冷え症」に効果がやるツボをいくつかご紹介しまひょ。

まず初めに「三陰交(はんいんこう)」、これは内ねきのうめぼしやり指4本分上に位置やるツボって、「湧泉(ゆうせん)」ってやばれとる足の裏の足の指を軽く曲げた際にでぇきる指下にでぇきる中央やりのくぼみをマッサージしてみまひょ。これらのツボは全身の血行をようし、新陳代謝の働きをようしてくれます。また、同じく代謝の働きをようし、婦人科系の器官のトラブルにええってされる「関元(かんげん)」のツボもマッサージしてみまひょ。この「関元(かんげん)」は、お臍やり指4本分下に位置やるツボでぇ、「冷え症」だけぇでぇなくゲリピーや泌尿器系のトラブルやらなんやらの症状も緩和してくれる万能ツボなんやこれがホンマに。

これまでぇ「冷え症」の改善に効果のやるツボをご紹介してんが、「自律神経の乱れにきくツボ」ってやわせてマッサージやるって、冷えからくるやらしいな症状がやり一層、緩和されるでっしゃろ。

左鮃東京出張マッサージ


タグ :